RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
クリスマス・イブのおはなし 3冊セット
クリスマスイブですね。
クリスマスなんてものが全く関心のないものになってかなりの年月が経ちましたが世間はネオンでギラギラしていますね。
LEDが普及して消費電力が少なくてすむようになって年々ギラギラしております。
赤坂プリンス、ティファニー、なんて言ってた時代に「気まぐれコンセプト」という漫画で未来はクリスマスイブはレストランで食事してホテルでセックスする日になってクリスマスってなんのことなのか全く分からなくなるみたいなネタがありましたけど、そのとおりになりましたね。
ま、今のところクリスマスイブは男がチョメチョメしたいがためにあれやこれやと手を尽くす日なのは間違いないようです。

僕にとってクリスマスというのはあまり良い思い出というものが無くてですね、今までの人生を振りかえって思い出してみても、彼女と甘い夜を過ごしたなどという記憶はないですねぇ。

クリスマスといえばサンタクロースですよね。
靴下を吊るしておくとそこにプレゼントをそっと入れておいてくれるとか。
よくよく考えたら靴下に入る程度のプレゼントなんぞたかが知れてるよね。
お父さんの靴下を借りたって頑張ってもルービックキューブかロボコンの超合金くらいしか入らないだろうに、最近の子供達はやれWiiが欲しいだの、PS3が欲しいだのいって、ミニモニの一人や二人は入りそうな靴下とぶら下げてサンタさんに欲しいものお願いするって、、、おいおい、そりゃもう靴下じゃねぇよな。なんならサンタさんが来る前に強盗に入られて自分自身が靴下に入れられてしまいそうなそんな勢いのありそうな靴下をぶら下げてるよね。
それに七夕じゃあるまいし、サンタさんに欲しいもののお願いするなんてヘタクソな字で「おとうとかいもうとがほしい」なんて書かれた日にゃ、「ほんとにプレゼントしちゃう?」なんて倦怠期の夫婦がハッスルしちゃうというそんなイベントじゃないはずなんですよ。
もうね、僕にとってクリスマスというものは意味不明のイベントなので書いてることも意味不明になってしまってますけど、サンタクロースって本当に子供に夢を与えてるんでようかね?
僕にもねサンタを信じてた頃がありましてね、いや、今でもサンタは本当にいると信じてるんですけどね、僕の所には来なかったですよ。
「良い子にしてればサンタさんはプレゼント持ってきてくれるよ」
なんて怪しい呪文をかけられてですね、マジンガーZとの人形が欲しくてですね、サンタにお願いしたんですよ。
そしたらですね、朝起きたら電人ザボーガーの人形がそっと枕元に置いてあってですね、あれですよ、????ですよ。
見たこともないヒーローが鎮座してるわけです。
電人ザボーガーなんて知らないんです。そうです、僕が住んでる地域では放送をしてなかったんですね。(笑)
ま、子供ってのは親の都合なんて知らないもんですが、親も子供の好みなんて実は知らないわけです。
それでですね、当時の僕は、サンタさんって意地悪するんだな。と思ったわけです。
もうその時点でひねくれ小僧なんですけど、サンタクロースなんてウチには来てなくて実は親がプレゼントを買っていたと知ったときは、僕は悪い子だからサンタが来てくれないので親が代わりにプレゼントを買ってくれてたんだ、と究極にひねくれちゃったわけですよ。
ま、そのエピソードが僕をひねくれさせたのか、そういう思考回路を持って生まれてしまったのかを今さらながら考えてしまうんですけど、その後のひねくれ人生まっしぐらな所を思うと、やっぱりそういう素質を持って生まれてしまったんだと思います。
それでも、もし何かの機会があってこの文章を読むことがあって、あなたが子供の親やこの先親になることがあったなら、子供の夢を壊してしまって僕みたいな池袋の明治通りに停めてあるベンツの上でBE MY BABYを踊りながら歌ってしまうような人間にならないように十分に注意してください。

それなりにお笑いが好きなので録画してM-1グランプリをコレ書きながらみました。
雨トークでブラマヨの吉田が言ってたとおりに2005年で終わってますね。
そもそも、M-1グランプリというもの自体がスベってます。
特に司会が酷かった、お前何年この世界にいるんだよ?
お笑いは空気芸だって昔から思ってるんですよね。
いくらネタが面白くても空気がつかめてないと最悪にスベるんですよ。
俺もダウンタウンみたいな超天才の先輩欲しかったなぁ。。
今回優勝したコンビが圧倒的に面白かったみたいな結果になりましたけど、4分とか時間もらってやるネタ番組であれくらい笑いとって普通ですから。
それを禿げるほどM-1に情熱をそそいであの程度なんだから、もう辞めちまえ!ってかツッコミのほうは才能ないよ!
つかね、M-1そののもが痛い!痛すぎる!
M-1なんて痛いものを目差さないで、芸人は自分の芸を磨くために一生懸命になってください。
あんな媚びた笑いは芸じゃねぇ、太鼓持ちには失笑しか生まれない。

author:bakabike, category:日記, 03:19
-, -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:19
-, -, pookmark